読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋、本格到来?今月着たいスウェット8選!

10月。
まだ昼間は汗ばむ気温が続いているが、予報によると来週からは東京では最高気温が20℃を下回るなど、本格的に涼しい季節がやって来そうな様子。
スウェットを主役にできる季節は意外と少ない。9月はシャツ一枚で十分な位だし、11月になると肌寒く、何より買ったばかりのお気に入りのアウターなんかをここぞとばかりに着たくなる。
今回は、今月着たい主役級スウェットを紹介する。



1. Champion×nanamica インディゴ染めスウェット
f:id:ystk_homme:20141002112055j:plain
1着目はチャンピオンとナナミカのWネームのインディゴ染めスウェット。由緒正しいリバースウィーヴを、インディゴで後染めしており、左袖のおなじみロゴマークも真っ青に染まっている。インディゴの風合いの変化も楽しみな一着だ。


2. N. HOOLYWOOD 霜降りグレースウェット
f:id:ystk_homme:20141002112525j:plain
Nハリからは、着回せること間違いなしの霜降りグレースウェット。ネック後ろにはNハリらしいスペックプリントが入る。首回りがやや横に広めに取られており、1枚で着ても野暮ったくならない。毎日着たい本格派スウェットだ。


3.  ETHOSENS 貼り付けスウェット
f:id:ystk_homme:20141002112955j:plain

四角いデザインが目を引くエトセンスのスウェットは、ウールとコットン混紡のボディにウールのスーツ地を文字通り貼り付けている。コーディネートの味付けにはもってこいのデザイン。


5. ACNE プリントスウェット
f:id:ystk_homme:20141002173614j:plain
秋冬立ち上がりから雑誌で頻繁に目にする、アクネのプリントスウェット。シンプルながら印象的なデザインがかわいい一着で、女子ウケも抜群だ。細身のシルエットがインテリ感を醸し出すアイテム。


5. AUGUSTE-PRESENTATION ワッフルスウェット
f:id:ystk_homme:20141002204751j:plain

オーギュストプレゼンテーションの変わり種スウェットは、オーガニックコットンとウールの混紡。ビッグシルエットながら、2段に分かれたリブで裾がまとまり、柔らかい印象に。ポケットも愛くるしいデザインだ。同じ生地でパーカーも発売されている。

6. Phillip lim シャツテイルスウェット
f:id:ystk_homme:20141002174012j:plain

ストリートではトップスの裾で見せるレイヤードが流行中。手軽にトレンドを取り入れるなら間違いなくフィリップリムのこのスウェットだ。白と黒の2色展開で、モードとストリートとミニマルの空気感をうまくミックスした一着。


7. n°21 ボンディングスウェット
f:id:ystk_homme:20141002205526j:plain

昨シーズンからレディースではマスになりつつあるボンディング生地が、今シーズンはメンズにも流入。いち早く取り入れるならまずはヌメロヴェントゥーノのロゴスウェットがオススメだ。ハリが強く、独特な表情の出るジェンダーレスな一着。スラックスやハット等上品なスタイルに合わせたい。


8. Neil Barrett 稲妻スウェット
f:id:ystk_homme:20141002210910j:plain

最後の1着は、ニールバレットから男子の心をくすぐる稲妻プリントスウェット。こちらも生地はボンディングで、立体感のあるシルエットが楽しめる。フェミニンなヌメロに対し、こちらはがっつりストリートで合わせたい。ワードローブに加えれば、フォワードとして活躍すること間違いなしだ。


以上、今月着たいオススメスウェットを紹介した。スウェットはレイヤードやボンディングなどトレンドを取り入れやすいアイテム。是非お気に入りの一着を見つけて、秋のローテーションに加えて欲しい。